IMG_2729.JPG

弁天通りの歴史

安政6年(1859)横浜開港で造られた通り

江戸時代末期からの地名で、1859年(安政6年)の横浜港開港にあたってつくられた海岸通り・北仲通り・本町通り・南仲通りなど五筋のひとつ。

町名は旧横浜村の鎮守で景勝地としても知られていた『洲干弁天社』へ通じる参道であったことに由来します。

当時同神社は、現在の弁天橋東詰付近にあり、1869年に中区羽衣町に遷座しています。