top of page
検索
  • jimukyoku

【開催中・3/12まで】「幻の写真家 チャールズ・ウィード 知られざる幕末日本の風景」@横浜開港資料館


(画像は、公式サイトより)


横浜開港資料館では、3月12日(日)までの期間、 「幻の写真家 チャールズ・ウィード 知られざる幕末日本の風景」が開催されています。

幕末日本を撮った写真家の中で、ほとんど一般に知られてこなかった写真家が、

アメリカ人のチャールズ・リアンダー・ウィード(1824〜1903)です。

ウィードは明治維新の直前、1867〜68(慶応3~4)年に来日したプロカメラマン。

マンモス・プレートと呼ばれる大型のガラスネガを使い、

スケール感のある風景写真を撮影しています。


しかし、日本を撮った作品の残存例はきわめて少なく、

また経歴にも不明な部分が多い、言わば「幻の写真家」です。 ところが、2021年にウィードが撮影したと推定される、

31枚の風景写真が新たに発見されました。

その写真は大判サイズにプリントされ、

幕末維新期の日本各地の風景が、鮮明かつ緻密に記録されていました。


今回は、初公開となる個人所蔵のウィード写真、

そして国内機関が所蔵するウィードの作品も展示されます。



幕末日本の風景を今によみがえらせる、貴重な写真たち。

ご興味がありましたら、ぜひ一度、足を運んでみてください。


詳しくは、以下の公式サイトをご覧ください。


閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page